バジャドリード

セノーテスイトゥンの行き方とフォトジェニック写真【メキシコの絶景】

更新日:




メキシコの人気観光スポットといえばセノーテがありますが、セノーテはメキシコのユカタン半島に6000以上もあると言われています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukoさん(@yuko_tblife)がシェアした投稿 -

セノーテで日本人に有名なのは、グランセノーテやドスオホスですが、今回はなんと、日本人にはまだほとんど知られていない絶景がおすすめのセノーテスイトゥン(スイトゥンセノーテ)をご紹介します!

 

【追記】

2019年6月23日にテレビ放送でみやぞんさんが訪れてたので、今後どんどん日本人が増えていくと思います!

国:メキシコ

通貨:ペソ

1ペソ=5.988円(2018年7月記事投稿時のレート)

スポンサードリンク

セノーテスイトゥンの場所

セノーテスイトゥンは、バジャドリードという街から車で10分ほど行ったところにあるセノーテです。

日本人にはまだあまり知られていないので、人と違う場所に行きたい人にはおすすめ!

 

セノーテスイトゥンの行き方【タクシー編】

セノーテスイトゥンの行き方は、バジャドリードという街から行くと簡単です。

カンクンから行く場合

ADOバスでカンクンからバジャドリードまで行く

バジャドリードから貸切タクシーか相乗りタクシーで行く

 

カンクンからバジャドリードまでの行き方はこの記事に詳しく書いています!

 

 

貸切タクシーで行く場合は、往復交渉になり少し高くなります。

 

私が聞いた料金は往復300ペソ(約1,800円)でした。

 

タクシーは通常貸切ですが、もし同じ方面に行く人がいれば乗り合いで安く行くことができます。

その場合は行きの片道は1人35ペソ(約210円)で行くことができました!

 

でも、帰りのタクシーを見つけるのが大変なので、往復交渉して行くのがおすすめです!

 

同じ方面に行く人を探す場合は、このタクシー乗り場がおすすめです。

 

Googleマップ上には位置情報がありませんでしたが、このあたりです。

 

スイトゥンセノーテ行きタクシー乗り場

この写真の3人が座っているところに行くと、タクシーの運転手がいるので「セノーテスイトゥン」と聞いてみてください。

同じ方面に行く人がいれば一緒に乗って行くことができます。

 

 

英語はあまり通じませんが、数字は英語でも教えてくれます。

 

「セノーテスイトゥン、コレクティーボ」と言えば、一緒に乗れる人がいるか教えてくれます。

 

いない場合は、誰か見つかるまでそこで待つことになります。

 

セノーテスイトゥンからバジャドリードの帰り方

行きにコレクティーボできた場合は、帰りのタクシーを探す必要があります。

 

基本的にはそこにタクシーはいないので、エントランスにいる人に電話で呼んでもらうことになります。

 

でも、「電話を貸してくれればタクシーを呼んであげるよ」というスタンスでした。

 

私はメキシコのSIMカードを使ってたので大丈夫でしたが、Wi-Fiをレンタルするか、国際電話を使わないと、タクシーが呼べないみたいです。

 

私の場合は、電話を渡してかけてもらっても出なくてタクシーがつかまらなかったのですが、たまたまセノーテの駐車場にタクシーが一台いて、乗り合いでバジャドリードまで帰れることになりました。

 

帰りのタクシー代は1人50ペソ(約300円)。

行きより高いですが、ここからのタクシーは料金交渉できないようです。

 

英語はほとんと通じないので、スペイン語での会話が不安な人は往復交渉して貸し切る方法で行くほうが安心です。

 

 

Hostal Las Cruces

 

バジャドリードの街からは自転車でも40分ほどでいける距離なので、街やホステルで自転車レンタルして行く方法もあります!

私が泊まったフォトジェニックなホステル「Hostal Las Cruces」では、自転車レンタルもしていて、1日レンタルが75ペソ(約450円)でした!

 

スポンサードサーチ

セノーテスイトゥンの行き方【オプショナルツアー編】

セノーテスイトゥンに行くのは、オプショナルツアーが断然おすすめです!

オプショナルツアーなら、カンクン出発なので、自分でバジャドリードまで行く必要もなく、なんとチチェン・イッツァ遺跡とセノーテイキルも一緒に行くことができます!

 

セノーテイキルでは泳ぐこともできるし、とても満足できるプランで、115ドル(約12,290円)ととてもリーズナブルなのが魅力です!

バジャドリードまでの交通費やセノーテの入場料を考えるとかなり安いです!

 

日本語ガイド付きなので、言葉の心配もありません!

 

セノーテスイトゥンの入場料

セノーテスイトゥンの入場料は、70ペソ(約420円)です。

2019年9月現在、120ペソ(約720円)となっているようです。

スイトゥンセノーテ入場料

 

 

スイトゥンセノーテライフジャケット

泳ぐ人はライフジャケットの着用が義務付けられてて、無料30ペソ(約180円)でレンタルしてくれます。

 

スポンサードサーチ

セノーテスイトゥンのフォトジェニック写真

セノーテスイトゥンは、この階段を降りてセノーテへ入ります。

スイトゥンセノーテ入口 スイトゥンセノーテ入口 スイトゥンセノーテ入口

 

入ればフォトジェニックポイントはすぐにわかります!

ここです!

Yukoさん(@yuko_tblife)がシェアした投稿 -


この真ん中の丸の位置に太陽の光が当たっている時間帯を狙っていくのがおすすめ!

 

私は13:30頃着いたらもうそろそろずれてしまうタイミングだったので、12:00くらいから行くのがおすすめです!

YUKO
写真を撮るときは、順番に並んでいるので誰も映らない写真を撮ることができます!

 

少し光がずれてもまた幻想的な写真を撮ることができました!

スイトゥンセノーテ

 

 

さらに私のおすすめフォトジェニックポイントは、光の道からさらに奥に行った場所。

スイトゥンセノーテ

セノーテ独特の幻想的な雰囲気の写真を撮ることができます!

ぜひメキシコ旅行に行ったら訪れてみてください!

 

ほかにもさまざまなセノーテがあります!

 

メキシコのフォトジェニックスポットなら、ピンクラグーンもおすすめです!

 

女子旅にもおすすめなので、ぜひ訪れてみてください!

 

※この記事の情報は2018年7月の情報です。
1ペソ=5.988円(2018年7月記事投稿時のレート)で計算しています。



-バジャドリード
-,

Copyright© はえたび , 2019 All Rights Reserved.