ラパス

アシカとシュノーケリング!ラパスの行き方とおすすめツアー会社!

更新日:




メキシコのラパスには、野生のアシカと泳げる場所があります!

日本から行くには少し遠いですが、なかなか体験できない事なので、私の中ではずっと叶えたい夢のひとつでした!

 

今回は日本からラパスへの行き方や、アシカシュノーケリングのおすすめツアー会社をご紹介します。

国:メキシコ

通貨:ペソ

1ペソ=5.6円(2018年5月記事投稿時のレート)

※この記事の情報は2018年3月の情報です。

スポンサードリンク

日本からラパスの行き方

ラパス(LAP)へはメキシコシティ(MEX)から国内線に乗り換える必要がありますが、メキシコシティへの行き方はたくさんあります。

一番おすすめなのは、成田からメキシコシティの直行便を利用すること。

 

理由は、アメリカ経由は大変だからです。

 

アメリカ経由の場合、経由でも入国審査があり荷物を預けている場合もいったん受け取って、再度預けなおしが必要です。

 

10時間以上のフライトは2時間以上遅れることもあり、乗り継ぎがうまくできないこともあります。

私は以前乗り継ぎに失敗して、10時間サンフランシスコの空港で待ったことがあります。

 

短期でメキシコに行くならなおさら、乗り継ぎのミスは避けたいところです。

 

YUKO
もしアメリカ経由で行く場合は、荷物を預けないか、乗り継ぎ時間に余裕をもった予約がおすすめです。

 

ラパスの空港からホテルへの行き方

ラパスの空港からは私は空港タクシーを使いましたが、Uberを使うのがおすすめです。

空港タクシーは到着ゲートをでたところにカウンターがあるのでそこで申し込みましたが、料金は180ペソ(約1,000円)。

日本の感覚ではそんなに高くないですが、メキシコの物価を考えると少し高い料金です。

 

そして、私は帰りにホテルから空港までUberで行きましたが、タクシーの半額以下の87ペソ(約490円)でした。

空港にはWi-Fiがあったので、Wi-FiレンタルをしていなくてもUberが使えます。

 

スポンサードサーチ

アシカシュノーケリングのベストシーズン

アシカシュノーケリングは基本的に1年中できるけど、赤ちゃんのアシカが生まれるのは6月くらい。

赤ちゃんのアシカと泳ぎたいなら9月以降がおすすめです。

6,7月は親アシカが警戒して神経質になりやすい時期なので避けたほうがいいかも。

 

 

さらに、10月から4月はジンベイザメの時期でもあるのでおすすめ!

YUKO
私は4月終わりに行ったけど、1日で両方まわれるツアーに申し込めなかったので、日程には余裕を持ってたほうがいいかも!

 

水温は結構低く、私が行った4月末はウエットスーツがないとかなり寒かったです!

 

おすすめツアー会社「Club Cantamar」の場所

ラパス

Club Cantamarは私がラパスを歩いててたまたま見つけたツアー会社です。

 

 

 

 

ラパス

メキシコによくある地名のオブジェの近くにあります。

 

Club Cantamar

営業時間:8:00~気分次第

スペイン語と英語が通じます。

 

スポンサードサーチ

アシカシュノーケリングの料金と予約方法

私は直接Club Cantamarへ行って予約しました。

天候や風の状況でツアーが開催されるかわからないので、日程には余裕を持ってたほうがいいです。

 

私は1日風が強く、ツアーができない日もあって、チャンスは1日しかありませんでした。

 

アシカシュノーケリングの料金は990ペソ(約5580円)で、アメリカドルでも支払いはできるけど、ペソの方が安いです。

クレジットカードも使えました。

 

 

ラパス

ツアー代金と別に、当日ナショナルパークフィーとして68ペソ(約380円)必要です。

 

 

ラパス

 

予約時にツアー代金の支払いをすると、船に乗る時に必要なボーディングパスをくれるので、これを無くさないようにツアー当日持っていきます。

 

 

アシカシュノーケリング

Club Cantamarに集合

朝は9:45にClub Cantamar前に集合です。

希望者はホテル送迎も無料でやってくれるみたいです。

 

私はそれを知らず、ここにきてと言われたので、Club Cantamarまで行きました。

 

バンで港に移動

ラパス

人数は8人くらいいました。

港はClub Cantamarからバンに乗って1時間ほどで到着です。

 

 

メキシコだから心配だったけど、少し待ったくらいで時間通りでした。

 

ナショナルパークフィー支払いと道具レンタル

ラパス

港に着いたら、ナショナルパークフィーの支払いです。

 

 

ラパス

 

支払ってこのブレスレットをつけてもらいます。

 

 

 

 

シュノーケリングの道具はここで無料レンタルできます。

 

ラパス

私はシュノーケリングの道具は自分のを持参していたので、ライフジャケットのみレンタル。

 

ウエットスーツは有料ですが、持ってない人はレンタルをしたほうがいいです。

YUKO
私は上半身のみのタッパーを持っていってたのでレンタルしなかったけど、とても寒かった。

 

船の上も寒いので、パーカー等の上着を持っていったほうがいいかも!

 

ライフジャケットは船が走ってるときに着用する必要があります!

でも海の中は泳ぎに自信がある人なら着用しなくても大丈夫です!

 

アシカのコロニーへ

ラパス

 

 

ラパス

アシカのコロニーまでは、港から1時間ほど船で進みます。

 

 

ラパス

着くと目の前にはアシカがたくさんいます!

 

 

アシカはかなりフレンドリーで、近くまで来てくれます。

 

 

 

 

ラパス ラパス ラパス

YUKO
こうやって、ちらちらこっちを見ながら泳いでくれるんです!

 

 

ラパス ラパス

追いかけるよりも、自由に泳いでると寄って来てくれる感じ!

 

 

 

ラパス ラパス

こんな親子も!

 

 

赤ちゃんの時期ではなかったので、子供でも少し大きめ。

 

 

 

ラパス ラパス

他にも魚やヒトデもいました!

 

ランチとビーチ休憩

風が弱かったら、もう一ヶ所のコロニーも行けたみたいだけど、今回は断念。

 

ラパス

アシカと遊んだあとは場所を移動してランチタイムです!

 

ラパス

ラパス

メキシコらしく、ランチはタコス!

 

 

ラパス

海を見ながら食べれます!

 

 

港へ戻る

港に戻ったら、また行きと同じバンに乗ってみんなで帰ります。

 

 

ラパス

港にはフォトジェニックポイントが!

スタッフはとてもフレンドリーで、私以外みんなスペイン語を喋れたのに、私にだけ後で英語で説明してくれたり、終始気にかけてくれてました!

 

 

ラパス

ブログに載せるって言ったら集合写真まで撮ってくれて、とても優しいスタッフばっかり!

本当におすすめのツアー会社です!

 

 

ツアー会社で解散

朝10時にClub Cantamarを出発して、帰ってきたのは夕方5時頃。

めいっぱい楽しめるツアーでした!

 

一人で申し込む場合は他の参加者がいないとツアーは遂行されないけど、週末を狙えば一人しかいないことはないと言ってました!

 

スポンサードサーチ

予約なしで行くのが不安な人は

遠い日本からくるのに、予約なしで行くのが不安な人はオプショナルツアーもあります。

 

 

12月から4月限定で、ジンベイザメと泳げるツアーもあります!

 

注意点

このツアーは両方ともロスカボス発なので、最寄の空港はサンホセデルカボ空港(ロスカボス国際空港SJD)になります。

 

野生のアシカと一緒に泳げるのはとても貴重な体験です!

とってもフレンドリーでかわいいアシカと泳ぎに行ってみてください!

 

ジンベイザメと泳げる場所はフィリピンのセブやメキシコのイスラムヘーレスにもあります!

 

※この記事の情報は2017年4月の情報です。
1ペソ=5.6円(2018年5月記事投稿時のレート)で計算しています。



-ラパス
-

Copyright© はえたび , 2019 All Rights Reserved.