メキシコのユカタン半島には、たくさんのセノーテがあります。

それぞれのセノーテには、それぞれの特徴がありますが、今回ご紹介するセノーテは映画「リメンバーミー」の舞台になったと言われているサムラセノーテです!

 

光の差し込むセノーテは、まさに映画の世界!

ぜひ行き方を参考にして訪れてみてください!

国情報

国:メキシコ

通貨:ペソ

1ペソ=5.994円(2018年8月記事投稿時のレート)

サムラセノーテの場所

サムラセノーテはバジャドリード(バジャドリ)の街から近い場所にあります。

 

サムラセノーテの行き方【コレクティーボ編】

サムラセノーテに行くにはバジャドリード(バジャドリ)からの出発が便利です!

 

カンクンからバジャドリード(バジャドリ)へはADOバスで行くことができ、事前予約もできるので、時間が決まっている人はネットで予約しておくのがおすすめです!

参考記事ClickBus

 

バジャドリード(バジャドリ)からはコレクティーボに乗っていくのが一番安い方法です。

 

 

コレクティーボというのは、メキシコで一般的な乗り合いバンですが、バジャドリード(バジャドリ)はバンと乗り合いタクシーの2種類あります。

 

サムラセノーテに行く場合は、乗り合いタクシーです。

バジャドリッド乗り合いタクシー

乗り合いタクシーに乗るには、サムラセノーテ行きがあるコレクティーボ乗り場へ行きます。

 

 

コレクティーボならサムラセノーテまで片道35ペソ(約210円)で行くことができます。

 

サムラセノーテから帰る時

サムラセノーテを出て左に行くとタクシーが停まっています。

そのタクシーでバジャドリード(バジャドリ)に帰れますが、乗り合いではないので行きより少し高かったです。

 

45ペソ(約270円)で私は帰りましたが、もっと高い値段を言われることもあるので交渉が必要で、スペイン語が少しでもわかるととても便利です。

英語はあまり通じません。

 

YUKO
2人以上で行くならタクシーの往復交渉の方が便利です!

 

サムラセノーテの行き方【タクシー編】

サムラセノーテへはタクシーの往復交渉でも行くことができますが、私はコレクティーボを使ったので料金がわかりません。

コレクティーボの場合は、帰りに値段交渉したり、多少スペイン語がわかると便利ですが、不安ならバジャドリード(バジャドリ)でタクシーを往復交渉するのがおすすめです!

 

サムラセノーテの行き方【オプショナルツアー編】

サムラセノーテへの、オプショナルツアーは現在開催されていません。

そのため、自力で行くしかありません。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Yuko (@yuko_tblife) on

もし自力で行くのが不安な人は、もう一つバジャドリード(バジャドリ)から行くことができる、最近インスタでも話題のスイトゥンセノーテに行くのがおすすめ!

しかもカンクン発着なので、弾丸旅行でも気軽に訪れることができます。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Yuko (@yuko_tblife) on

スイトゥンセノーテだけでなく、女子旅で人気のピンクラグーンにも行くことができるんです!

 

送迎に日本語ガイドまでついていて175ドル(約19,560円)とかなりお得なんです!

カンクンから出発で自力で行くとなると、ピンクラグーンとスイトゥンセノーテを1日でまわるのはかなり厳しいです!!

 

日数が少ないけどいろいろまわりたい人にはとてもおすすめのツアーです!

 

サムラセノーテの入場料

サムラセノーテ

サムラセノーテの入場料は80ペソ(約485円)です。

でも、サムラセノーテのすぐ隣にはシケケンセノーテというセノーテもあって、2つのセノーテに両方行く場合は125ペソ(約750円)で入ることができるので、両方行くことをおすすめします!

 

 

入口で入場料を支払うと、ガイドに声をかけられます。

そのまま案内してくれますが、ガイドには最後にチップを渡す必要があるため、ガイドが必要なければ断ることをおすすめします!

 

YUKO
私は知らずにお願いしましたが、セノーテで写真を撮ってくれたので写真を撮ってもらいたい人はガイドをお願いしてもいいかも。

 

ガイドには最後に70ペソ(約420円)渡しました。

 

サムラセノーテの中

サムラセノーテには、階段を降りて中に入ります。

サムラセノーテ

浅いところは2m、深いところは20mあります!

 

 

天井に穴のあるセノーテなので、お昼過ぎの太陽が上にある時間帯に行くのがおすすめです!

 

Yukoさん(@yuko_tblife)がシェアした投稿 -

ここが映画「リメンバーミー」の舞台になったと言われているセノーテです!

確かにミゲルが落とされたセノーテにとても似ています!

 

YUKO
リメンバーミーが好きな人にはおすすめのスポット!

 

シケケンセノーテの中

サムラセノーテの隣には、シケケンセノーテがあります。

 

同じ敷地内にありますが、5分ほど歩きました。

シケケンセノーテ

シケケンセノーテも天井に穴が開いているセノーテで、サムラセノーテよりも少し暗い感じでした!

 

リメンバーミーが好きならおすすめのセノーテ

映画「リメンバーミー」が好きならぜひ行ってほしいセノーテです!


 

 

 

天井の穴から射し込む光は感動の景色です。

カンクンからは遠いですが、ぜひ行ってみてください!

 

 

女子旅ならインスタ映えなスイトゥンセノーテもおすすめです!

テレビでも放送され、最近話題になっているセノーテです。

 

ピンクラグーンの行き方もまとめています!

 

 

※この記事の情報は2018年7月の情報です。
1ペソ=5.994円(2018年8月記事投稿時のレート)で計算しています。

おすすめ記事
おすすめの記事