レダン島

マレーシアの秘境!レダン島の行き方とシュノーケリングパッケージ予約方法!

更新日:

レダン島は、マレーシアの秘境と言われているとても美しい海のある島です。

Yukoさん(@yuko_tblife)がシェアした投稿 -

レダン島には、ホテルごとにシュノーケリングをセットにした予約プランがあり、2泊3日からシュノーケリングを満喫することができます。(ダイビングパッケージもあります。)

 

レダン島のホテル予約は、agodaなどでも予約することができますが、シュノーケリングパッケージを予約するにはホテルのホームページで直接予約するか、代理店経由で申し込む必要があります。

 

ここでは、レダン島の場所やベストシーズン、さらにホテルのホームページや代理店のサイトの予約方法を解説します。

国:マレーシア

通貨:リンギット

1リンギット=27.468円(2018年7月記事投稿時のレート)

スポンサードリンク

レダン島の場所

レダン島はマレーシアの東側にある島で、クアラルンプールから国内線とフェリーを乗り継いで行くことができます。

 

レダン島のベストシーズン

レダン島のシーズンは、4月から10月のみの短い期間になります。

モンスーンの影響で10月から3月まではリゾートがクローズしたり飛行機が飛ばないことがあるので注意が必要です。

さらに、6月はマレーシアのホリデーシーズンなので人が増える時期になり、料金も高くなるため、5月や7月以降がおすすめです。

 

スポンサードサーチ

レダン島のシュノーケリングパッケージと料金

レダン島のシュノーケリングパッケージは、ホテルの宿泊とセットになっていて、各ホテルがシュノーケリングツアーをやっています。

ホテルによって料金が変わってくるため、ホテルの写真をしっかり見て決める必要があります。

 

シュノーケリングパッケージは2泊3日と3泊4日の基本パッケージがあり、延泊も可能です。

 

シュノーケリングパッケージの料金は各ホテルのサイトに表示されているので、ネットで検索するには「ホテル名+snorkeling package」と英語で検索が必要です。

ホテル名がわかっていないと検索できないので、私は代理店で検索することをおすすめします。

 

私が使ったサイトは、myeho.com

このサイトならトップページの「REDANG DEALS」からレダン島のホテルを一覧で見ることができます。

myehoトップ

 

どこのホテルも、平日料金・週末料金・祝日料金などがあり、人数が多くなるほど安くなります。

ちなみに私が滞在した「Redang Bay Resort」は、2泊3日のシュノーケリングパッケージ週末料金2人部屋で一人488リンギット(約13400円)でした。

 

シュノーケリングパッケージの内容

シュノーケリングパッケージに含まれるもの

2泊3日のシュノーケリングパッケージには以下のものが含まれます。

  • シュノーケリング2回
  • マリンパークでのシュノーケリング1回
  • 朝食2回
  • 昼食2回
  • ティータイム2回
  • 夜食2回(食事はすべてビュッフェ)
  • 2泊のホテル宿泊
  • 港からのフェリー往復

 

シュノーケリングパッケージに含まれないもの

海洋保全料とシュノーケリングギアのレンタルは別料金です。

さらに、港に近いクアラトレンガヌ空港から港への送迎はついていないので、つける場合は追加料金がかかります。

 

さらに、夕方の自由時間に追加料金40リンギット(約1100円)でウミガメシュノーケリングをすることができます。

Yukoさん(@yuko_tblife)がシェアした投稿 -

 

スポンサードサーチ

レダン島シュノーケリングパッケージの予約方法

ホテルや代理店のサイトにアクセスする

ホテルが決まっている場合はホテルへ直接予約することができます。

ホテルのサイトには「Online Reservation」の表示があるサイトや、「Contact us」などの問い合わせメールから問い合わせる方法など様々です。

 

代理店で予約する

私は代理店の「myeho.com」で予約しました。

myeho.comでホテルを決定したら、料金一覧の下に「Book Online Now」のボタンがあります。

予約画面

 

日程と人数を選ぶ

「Choose Date」からチェックインの日付を選択し、「Seach Price & Availability」をクリック。

日程選択

 

何人部屋を予約するかで料金が変わります。

人数

ここは部屋数ではなく、人数を選びます。(2人なら2人部屋の欄のADULTで2を選ぶ)

 

追加送迎や保険を選ぶ

追加送迎

空港から港までの送迎はついていないので、必要ならつけることもできます。

YUKO
私はGrabの方が安かったのでGrabを利用しました。(空港の出発ゲートにもWi-Fiがあるのでネット環境は確保できます!)

 

保険(Travel Insurance)も必要なら追加できます。

 

名前等の情報を入力する

必要事項

名前や住所、人数や支払い方法等を入力し、最後に「Submit Reservation Request」をクリックします。

 

予約時の注意点

これは予約リクエストなので、予約完了したわけではありません。

 

予約リクエスト後に、リクエスト完了メールが届きますが、さらにリクエストを進めていいかどうかのメールが届くので返事をして予約を進めてください。

 

クレジットカード支払いを選択した場合は、請求書確認メールに支払いリンクがついています。

支払いリンク

 

予約時に予約者全員のフルネームとパスポート番号が必要です。

 

バウチャーをプリントアウトする

予約と支払いが完了したらバウチャーをプリントアウトしてください。

 

スポンサードサーチ

日本からレダン島への行き方

レダン島のシュノーケリングパッケージは、シャバンダール港からのフェリーは料金に含まれていますが、シャバンダール港までは自分で行く必要があります。

 

一般的な行き方はクアラルンプール国際空港から国内線でクアラトレンガヌ空港へ行き、港までタクシーを使う方法です。

フェリーは時間が決まっているため、クアラルンプールで前後一泊しないといけないので、日本から行く場合は最低5日の休みが必要です。

 

日程に余裕がある人はクアラトレンガヌに滞在もあり

私はすぐにクアラルンプールへ戻りましたが、クアラトレンガヌの港周辺にはチャイナタウンもあり、街並みもかわいかったので滞在もおすすめです。

さらに、クリスタルモスクという美しいモスクもあったので時間がある人はクアラトレンガヌ滞在も検討してみてください!

※この記事の情報は2018年4月の情報です。
1リンギット=27.468円(2018年7月記事投稿時のレート)で計算しています。



-レダン島
-

Copyright© YUKOのTravelbeautylife , 2019 All Rights Reserved.