ハワイ

ピンクピルボックスの行き方とフォトジェニックポイント!

更新日:




2017年に入ってから、ピンクピルボックスはインスタ等でかなり有名になりました!

私が初めてピンクピルボックスに登った2016年は、まだ日本語での情報もありませんでした。

 

このピルボックスは2015年にピンクに塗り替えられたばかりで、比較的新しい観光スポットです。

Yukoさん(@yuko_tblife)がシェアした投稿 -

インスタで見て行きたい!と思った人も多いと思うので、ピンクピルボックスまでの行き方を詳しく説明していきます。

国:アメリカ

通貨:ドル

1ドル=109円(2018年5月記事投稿時のレート)

※この記事の情報は2018年2月の情報です。

スポンサードリンク

ピンクピルボックスの場所

ピンクピルボックスはウエストサイドにあります。

レンタカーが便利ですが、バスで行くこともできます。

Pu’u’Ohulu Kai Hikeや、Maili Pillbox Hikeとも呼ばれています。

 

ピンクピルボックスの行き方【レンタカー編】

ピンクピルボックスに行くにはレンタカーが便利です。

車線は日本と逆でルールも違うので、乗る前には予習が必要ですが、日本の免許証で乗ることができるためレンタカーを借りる日本人はとても多いですよ!

 

レンタカーならワイキキから45分~1時間ほどで到着です。

 

▼日本語でレンタカーを予約する▼
下までスクロールすると日本語に変更できます!



スポンサードサーチ

ピンクピルボックスの行き方【バス編】

The busで行く場合は、乗り換えが必要です。

ワイキキからなら、アラモアナセンターかダウンタウンでCのバスに乗り換えます。

Farrington Hwy + Kaukama Rdでバスを降り、来た道を少し戻って信号を渡ってから左に曲がれば、右側に入り口が見えてきます。

帰りは道路の反対側からバスに乗れます。

 

 

ハワイThe Bus

バスは、1デイパスがあるので、5.5ドル(約600円)で1日乗り放題になります!

5.5ドル用意して、「1day pass, please(ワンデイパスプリーズ)」と言えば大丈夫です。

 

ただしバスの場合はかなり時間がかかるのと、帰りのバスにうまくのれなかったら待つこともあるかもしれないので、効率よく動きたい人はこの後に説明するオプショナルツアーがおすすめ!

 

ピンクピルボックスの行き方【オプショナルツアー編】

レンタカーは不安で、バスの乗り継ぎも難しく感じる人はオプショナルツアーがおすすめです。

オプショナルツアーならピンクピルボックスだけでなく、今話題のマーメイドケーブも行くことができます。

 

もちろんホテル送迎がついていて、まずはナナクリビーチパークへ向かいます。

ナナクリビーチ ナナクリビーチ

ここは人も少なく穴場で、おすすめ!

 

 

View this post on Instagram

 

Fernandaさん(@findfernanda)がシェアした投稿 -

さらに、フォトジェニックで有名なマーメイドケイブに行くことができます。

 

このマーメイドケイブはツアーじゃないと行きにくいようなので、ツアーで申し込むのがおすすめです!

 

 

 

View this post on Instagram

 

Yukoさん(@yuko_tblife)がシェアした投稿 -

その後ピンクピルボックスにのぼります!

 

さらにそのあとは、ハワイ最大級のアウトレット「ワイケレプレミアムアウトレット」で2、3時間ほど自由時間があるんです!

YUKO
ランチやショッピングまで楽しめる、女子旅にはおすすめのツアー!

 

こんなに楽しめてもワイキキ到着は17:00頃!

夜ご飯に行ったりサンセットを見に行けるほどまだたっぷり時間があります!

 

このツアーは月、水、金限定で、1人10,900円で行くことができます!

ピンクピルボックスやマーメイドケイブ、ワイケレプレミアムアウトレットまで行けて効率的に動けてこの金額ならかなりお得です!

 

スポンサードサーチ

ピンクピルボックスの道

ピンクピルボックスの入り口は、Kaukama Rdにありますが、看板はありません。

え?こんなとこ?

というような道を登ります。

ピンクピルボックスの入り口

 

YUKO
結構岩場もあるので、登る時は気を付けてくださいね!

※サンダルじゃなくてスニーカーで行くことをおすすめします!

 


 

ピンクピルボックス

こんな岩の道も通ります!

 

ピンクピルボックスのフォトジェニックポイント

ピンクピルボックス

ピンクピルボックスは往復1時間ほどのトレイルです。

日陰はほとんどないので、日焼け対策は必須です!

 

ハワイは2021年から紫外線吸収剤である「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が使われた日焼け止めの販売が禁止されます。

日本人の持ち込む日焼け止めに対しては取り締まりできないみたいだけど、サンゴの白化の原因になってしまうので、できればこの「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が使われていない日焼け止めを使うのが海のためにおすすめ!

 


 

ピンクピルボックスは、ピンクのピルボックス以外にもピルボックスがあり、フォトジェニックポイントがたくさんあります!

今は写真を撮りに来る日本人も増えてきているため、マナーを守って写真を撮るようにしてください!

 

登り始めてすぐの絶景

ピンクピルボックス

ピンクピルボックストレイルは、頂上まで行かなくてもすぐに絶景を見ることができます。

景色を見ればまた頑張れるので初心者向けのトレイルポイントです!

 

1つ目のピルボックス

ピンクピルボックスに到着する前に1つ目のピルボックスがあります。

 

ピンクピルボックス

ピルボックスの外側は青い文字のかわいいアートが描かれています。

 

 

中に入ってもとてもかわいいアートが全面に描かれています!

ピルボックス

ピルボックス

ピルボックス

ピルボックス

ピンクピルボックスで写真を撮りたい人が多いからか、1つ目のピルボックスは人も多くなく、写真を撮りやすい印象でした!

 

ピンクピルボックス

このピンクピルボックス目当てで来る人が多いと思いますが、写真の撮り方はさまざま!

 

ピンクピルボックス

ピンクピルボックス

ピンクピルボックスの角に立ってもかわいいし、

 

ピンクピルボックス

ここに乗って撮るのもおすすめ!

YUKO
落ちないように気を付けてくださいね!

こっち側は、足場があって、外側から登ることができるんですよ!

断崖絶壁ではないです!

 

ピンクピルボックス

外側の壁もかわいいです!

 

ピンクピルボックスの先にあるピルボックス

ここまで行かずにピンクピルボックスで終わる人が多いのですが、ぜひ行ってほしいのがその先のピルボックスです!

 

ピンクピルボックス

ここからはピンクピルボックスを含めた絶景写真を撮ることができるんです!

 

 

ピンクピルボックス

 

ここまで来る人はまだ少ないのでほんとにおすすめです!

 

スポンサードサーチ

ピンクピルボックスに登った後のおすすめランチ

ツアーでなく、自力で行く人はランチを登った後に食べるのがおすすめ!

 

ピンクピルボックスの近くに、Sack N Saveというスーパーがあります。

 

ここは駐車場も広くマクドナルドなども入っているため、ここでランチを買って、向かい側の海で食べるのがおすすめです!

 

トイレもマクドナルドにあります!

 

ナナクリビーチ

バスで来た人は帰り道の方向へバスに乗れば目の前で降りることができます。

 

このウレハワビーチは人も少なくのんびりできる場所です。

ただ、日陰が全くないので注意が必要です。

 

ピルボックスに登るのは早めの時間がおすすめ!

ピルボックスに登るのは、日差しが強くなる前の午前中に登るのがおすすめです!

人も少なくて日差しも弱く快適に登れるので、できるだけ早めにワイキキをでるといいかも。

 

これからさらに人気が出てくる場所なので、でひ早めに行ってみてください!

 

ハワイには、ピルボックスがほかにもいくつかありますよ!

 

ハワイには他にもフォトジェニックスポットがたくさんありますよ!

 

※この記事の情報は2018年2月の情報です。
1ドル=109円(2018年5月記事投稿時のレート)で計算しています。



-ハワイ
-,

Copyright© はえたび , 2019 All Rights Reserved.